ライトゲームマニアの話

チヌとメッキを中心にライトタックルで楽しんでいる初心者ルアーマンのお話です

最近釣りに対して悩みがある。

それは釣りに行けないこと。

そして、釣具を買うお金がないことだ。

どちらも家族が増えたことで今までとは生活が一変した。


そんな生活が続くと悩みから解放される時がくる。

もちろんネットでいろんな方のブログだったり、

メーカーサイトだったり、

今まで以上にチェックすることが出来るようになった。

釣具を買うお金がないことでどうにかしようといろいろ考えるようになった。


地球上には釣具を買うお金がない、もしくは足りないって人も多いのではないかと思う。

ない、足りないなら稼げばいい!

もちろん、そんな時間があれば釣りに行きたいだろう。

ただ、どうしても釣りに行けない時もあるだろう。

そんな時に釣具代を稼げば一石二鳥なはず。


じゃあ、どうやって稼ぐのか。

ネットに強い人ならブログなんかで稼げるのかもしれない。

でもみんながみんな強いとは限らない。

弱くても確実に稼げる方法。

しかもそれが苦痛でないもの。



今のところ、釣り具の内職というのはどうかと考えている。

実際に出来るのかは詳しく調べてみないとわからないが、

進展があればまた報告したいと思う。

大きいことを言えば、

そういった仕事を斡旋出来るようになると

私だけではない人も楽しみながら潤うのかな。


また報告します。


フナさんのツイッターにこんな写真がありました。

 
image


皆さんご存知昔ながらのお菓子おっとっとに

通常イカではなくダイオウイカが入ってたとのこと。

メーカーHPにも載っていないものが入っているというサプライズ。

これで喜ばない人なんていないでしょ。

釣りの話で例えると

ツインパワーを買って、家に帰って開封したら

中から出てきたのは

「ステラ」

だったらどうします?

そんなことは実際あり得ませんが、

考えただけでワクワクしませんか?


大人であってもこんなサプライズでワクワク出来るわけですよ。

釣り業界もこんなサプライズやってみませんか?

ルアーなんか手っ取り早いかな。

見える形ではなく、買って中を開けてみないと何が入っているのかわからないみたいな。

お正月には福袋って形でセット販売してるけど、あれって実際は在庫処分な訳で。

じゃなくて単品売りでコレをやるのは面白いんじゃないかな。

でも使わないルアーが入ってても仕方ないので、

例えばシーバスルアー1000円って箱にする。

ミノーなのかバイブなのかもわからない。

カラーも開けてみないとわからない。

これをあるルアーメーカーがやるとする。

ルアーによっては販売してみたものの

人気カラー、不人気カラーが出ると思う。

生産個数もバラバラでは生産発注も大変。

同じ個数作って売り出せば不人気カラーが余ることもない。


そして、ここからがこの提案の面白いところ。

仲間内でルアー交換大会なんかはじめてみたら

ポケモン交換みたいに子供のように盛り上がるし、

交流も深まるんじゃないだろうか。

ルアー自体もメーカー非公開にすれば、

自分はこんなルアーが出たよなんて

SNSなんかで発信したくもなるだろうし、

それが一番の宣伝にもなる。


ん〜、考えが子供すぎるか(・・;)


私がオススメする釣りは

「ライトプラッギング」

そもそもライトプラッギングってなんぞや?って方も多いと思います。

簡単に説明するとアジやメバルなんかのライトゲームと呼ばれる釣りに

プラグ(ハードルアー)縛りを付けたものになります。


この釣りのいいところは手軽にサクッと散歩がてら行ける

装備自体も軽装で楽しめる

といったところでしょうか。


ちなみに私がやっているライトプラッギングの対象魚は

チヌとメッキです。

チヌはライトではないよと思われる方もいるかと思いますが、私はギリギリライトに分類しております。

もちろん大型を専門的に狙うのであればそれ相応のタックルが必要になってくる相手なのは間違いありません(・・;)

ですが、基本的によく釣れる40クラスまでのチヌであればライトタックルで充分だと思います。


次回は、ライトプラッギングのオススメタックルを紹介したいと思います。


↑このページのトップヘ